おおきな声でさけびたい

すきなこと、すきなように

むかしばなしをすこししてみよう

 

 

 

 

 

むかしむかし

 

 

 

 

そのむかし、応援していた6人グループから2人がぬけることになった

 

 

当時ジャニーズから少し離れた所で生活していたわたしは、衝撃はあれど

うわ〜〜〜今もだいすきだったらめちゃめちゃつらかっただろうな〜〜〜ジャニオタもどれないわ〜〜〜

なんて他人行儀なことを(他人なんだけど)考えていた

 

 

それから数年後、よくわからないタイミングで4人の復活コンサートの動画を偶然目にし

 

「なにこれ……」

 

と衝撃を受けたわたしは、DVDを持っているという友人の家でそのDVDを見せてもらうことになった

 

 

だいすきだったアイドルが、

だいすきだと言っていたお仕事で、

歌えなくなるほどに泣いている。

 

 

やっぱりなにこれ……と思った

そこから4人のこのグループをまたあらためて好きになり応援するようになるまで時間はかからなかった

 

 

と、同時に

抜けていった2人に対しての黒いぐるぐるとした感情が溢れて止まらなかった

 

なんで?どうして?

 

当時を詳しく知らないわたしはたくさん調べた

「抜けた2人はライバルであって敵じゃない嫌いにならない」

なんて言っていたメンバーの声は耳を通って脳を経由せず流れていった

 

 

いまならばわかる

誰が悪いとかの話ではないことだと

 

 

でもその時は理解しようとしなかった

だいすきなひとがだいすきなグループで活動できなくなった理由を、他の誰かのせいにするのはきっといちばん簡単で楽だった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年

わたしはまた違うアイドルのファンになった

 

あるパフォーマンスをみてから急に彼がとっても魅力的に感じはじめ、わたしはものすごい勢いでゴロゴロと転げ落ちて言った

 

毎日毎日彼の動画を見て

頭に「担降り」の文字が何度も何度もよぎる夏をすごした

 

 

 

だけどそのまま、

担降りをしないまま、

秋になった

 

 

 

 

担降りに踏み込めない理由があった

 

彼は所謂「かけもち」をしていた

 

 

 

当時のわたしにとってこの4文字は地雷でしかなかった

彼の所属するグループを知れば知るほど、好きになればなるほど、いつかどちらかを選ぶときがくるんだとおもうと、出来なかった

 

 

 

決心なんてものはできないうちに、時は経ち、

あるときふと「担降りしよ」と自然に思えたそのままに担降りをした

 

彼のファンはほんとにほんとに楽しかった

  

10月がおわり

11月がおわり

12月がおわり

冬の帝国劇場に足を踏み入れた

 

あーーーあれ、これ、あれ……???

これはその時がきたのかな〜〜

と思った

 

何が?と聞かれたらわからない

でもその時のわたしは

彼はきっといつかオレンジのスーツを着たグループを選ぶのだろうなと感じた

 

 

わたしはただただ現実逃避しながら

やっぱり彼が好きで、

そして彼の選ばないであろうグループもだいすきで、 

毎日毎日地雷を避けながら、いい所だけを見て楽しくすごしていた

 

そんな中、だいすきなグループのひとりが事務所を去ることになった

抜けたメンバーは「自担」ではないがわたしにとっては本当に大きな存在で、そのメンバーが写っている写真だけがキレイに売り切れになったジャニーズショップを後にしながらわんわん泣いた

3/1 12:00ぴったりに家でひとり彼のプロフィールが情報局から消えたのを確認してまた泣いた

こんな悲しい思いしなきゃいけないジュニア担なんてもうやめてしまいたいとまで思った

 

そんな中、最年長という大きな存在を失っただいすきなグループの7人でのインタビュー記事がある雑誌に載った

過去に辞めていったメンバー、そして3月に事務所を去ったメンバーについて言及すると同時に

 

「最後のひとりになってもTravisJapan」

 

なんていう一節が私の応援している彼の発言として書かれていた

あれ、そうなんだ、じゃあ1月に帝国劇場で感じたあれは、思い違いなのかな、まだこのグループがだいすきなままでいいのかな

なんてそのときは思った

 

そんな中、4月のジュニアコンサートではじめて7人のだいすきなグループを観た

かっこよくって、どこのグループよりもかっこよくって

素直に心からだいすきだって思えた

 

やっぱりこのグループがだいすきなままでいいんだな!!!!!

というか好きなんだからしょうがない!!!!!

また楽しくファンができるな〜と思ったしそしてほんとに楽しかった

 

奇跡的に入れることになったジャニーズ銀座公演

はじめてダブルアンコールに応えての挨拶があった公演だった

 

「最初の3曲ほんとにつらいんですけど、みんなが、トラジャトラジャって応援してくれるから、がんばれる」

って言って優しくへにゃ〜って笑った彼の姿に

あー、ほんとに彼のファンは幸せだな〜〜って100万回目の事実確認を行うことが出来た

 

 

 

 

 

 

 


6/20
だいすきでだいすきな7人グループの最年長になったメンバーが「6人」でがんばると言った日

ずっとずっとよくわからなくていろんなことを考えてた


6/23
発売日に雑誌を買いに行ったら変わらないだいすきな7人がいた

そしてまたよくわからなくなった

 

 

 

 

 

 

 

 

そうだ

むかしむかしのわたしはどうしてたっけな

 

 

抜けていったメンバーに対して黒い感情を抱いたまま、だいすきなひとを応援しつづけてたな

 

 

 

あれ、

じゃあ、

抜けていったひとがだいすきなときはどうしたらいいんだろう

  

また、わからなくなった

 

 

幸いなのか、なんなのか

わたしのTLには彼を責める言葉が一切流れてこなかった

 

どんなツイートしたら該当担が悲しむのか、みんなわかっていたんだろうなと思う

だって今までに経験してきたメンバーとの2回のお別れ、わかるようになるまでにかかる回数としては充分すぎる

 

 

 

 

 

 6/30

はじめて彼のいない6人のだいすきなグループのパフォーマンスを見た

やっぱりどこよりもかっこよくってだいすきなままだった

でもどこを見てもだいすきな彼はいなくて、

彼のぶんもある揃いのオリジナル衣装はどこかでもう無い出番を待ち続けているのかなとおもったら涙がボロボロあふれて止まらなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時間と友人というものは本当に偉大で、いろんな人といろんな話をするたびに

わからないながらも少しずつ前に進めているようなきがする

   

今現在変わっていないことは

彼がすきで応援しつづけたいなということ

そしてだいすきなグループはだいすきな彼がいなくてもとっても魅力的でだいすきなグループだなあということ

 

そしてこれからどうなるかはわからないけれど、しばらくはこのまま、流れるまま、彼とだいすきなグループのファンを続けていきたいなあと思うのでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ウサギとカメならウサギが勝ってしまうような、

あるいはカメが勝っても次の日の話題はあのウサギやばかったなー!でもちきりになるような、

そんな世界だからこそ

 

彼がウサギになろうとカメになろうと

彼の信念に基づいて一生懸命キラキラしていてくれればいいなあと思います

 

 

みんなの幸せを願ってしまってつらい〜私的クロスハートの感想と今年のめんどくさい私の感情について〜

 

いきなり何の話だよって思いますよねクロスハートの話です。ただの感想です。(真顔)

 

めちゃめちゃネタバレなので観劇した人のみ見ることをオススメします。

というか語彙力ゼロなくせにただただ文章を綴ることで楽になりたいだけなので見ることは誰にもおすすめしません。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな解釈がある舞台だと思うけど最終的に現代では悟くんのお母さんも健在で(愛妻弁当の件から)陸も事故にあうけど軽い怪我で済むし何よりその事故がきっかけで悟は運命の相手に出会えたのでちゃんちゃんハッピーエンド!!!

でいいと思うんだけどほんとにめんどくさい人間なのでラナチュールの人々を思うとつらくてつらくてほんとに無理。何回見てもどうにか幸せになれないものかと思ってしまう。

 

 

まずリベルテが無理。だってさ、自由と平和を求めることを信念に持ってる人たちだよ??相手のブルゴーニュは言い方悪いけど目的を達成するためには殺すのも厭わない、死などおそれないっていう気持ちでかかってくるんだよ??(それも他の市民を守るためとかお母さんのためとかもうそれもま〜〜〜〜無理すぎるんだけど)

剣を持ってはいるけど争いを望まないから最低限の防御(と致命傷にならない所の攻撃)にしか使わないように見えて、もう絶対に不利じゃん〜〜〜でも理想の世界を求めて行動したらこの方法しかないんだよな〜〜〜〜って思うとほんとに涙なしで見れない。

 

 

 タイムスリップ後の前世では(ややこしい)リュック以外逃げ切って??助かってるけどリュックとセザールはお互いの死を自ら選択したように見えるし(それ以外の選択肢がなかったのだろうけど)、こうすることで争いを止めた?訳だから意味があることだったけどもう救われなさがつらすぎる……。

 

そこから半年後の世界ではロドリグとエルネストはブルゴーニュ派がちょっと不利になってる地域に加勢するため派遣されるんだけど、その先に2人の幸せは絶対に無い気がして(T_T)

それがセザールとの距離を置かせるための嘘で、べつに派遣先はそんな激しい戦争が起こっている訳ではないことを祈るばかり、、、

 

 

手術成功後のセザール(中身はリュック)の周りの出来事もほんとに全部全部つらすぎ。

まずティエリはセザールの中身があの憎いリュックだと思うと殺そうと思うんだけど、もう精神的には居なくなってしまったセザールの姿に愛した彼を追い求めてしまって殺せずに泣きつく姿、ティエリと同じく愛したセザールを追いかけてゆくアルセーヌをティエリは1度は攻撃するのだけどもうセザールは居ないこともアルセーヌの底なしの愛にも気づいてしまってエルネストを止めることしか出来ないのも……演技なんだろうけどエルネストを止める手がずっと震えてて、エルネストに抱きしめられてもずっと右手だけ震えてた。その抱きしてめくれたエルネストも遠く(か知らんけど)派遣されてしまうんだよ……。(ティエリも共に派遣されるのかはわからないけど真実を知ってしまったティエリを派遣する理由なんてないよなあ)

 

 

現代に戻る前のラストシーンでリュック(外見はセザール)は言えなかった気持ちをカミーユに伝えにゆくんだけどカミーユの知らない人の体でしか伝えられない。愛してる人が健在で自分もここにいるのに愛してると伝えられない。そんなリュックを思うとつらくてつらくて(T_T)

アルセーヌが追いついて弟を殺したセザール(の姿をしたリュック)を殺そうとするもやっぱり愛した人を殺すことはできなくて振り上げた剣を下ろすんだけどそこで(セザールの姿をした)リュックは自ら死を選ぶ。

ここからは妄想でしかないんだけどアルセーヌはきっと弟を殺した罪の意識でセザールが自殺した、と思っているかもしれない。けどたぶんカミーユはその後気づくんだよね、中身がリュックだって。お守りを付けていた件もそうだけど、セザールとカミーユがであってからたぶんカミーユは名乗ってない(もう1回入るからちゃんと確認してくる)。けどセザールはカミーユを愛しているって名前を呼んで伝えるんだよ。そんなの気づくじゃんか……。(すべて妄想)

千秋楽観劇してやっぱり名乗ってなかったけどその前に後ろ姿だけでカミーユってわかっちゃってるからもうなんかあれだったわ(語彙力の放棄)

 

 

ここら辺いろいろ考えるとつらすぎてつらすぎて2回目なのにボロボロ泣いちゃったしたぶん次も泣いちゃう。

 

せめて残されたリベルテのみんなが幸せになってくれることを願うけど、カミーユもアルセーヌも愛した人はもういないしニコラとマクシムは慕っていたリュックをなくしたうえに、ニコラは好きだったアルセーヌに対しても自分に何が出来るんだろうって悩み続けるんだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 追記

思い返せばわたしの引きずり癖は夏のAnotherからはじまったのかもしれない。

今年の夏、サマステ楽しい!!ジュニア担楽しい!!の脳内お花畑新規オタクの気持ちのまま見に行った松竹座のAnotherでみんなで最後に歌う「鼓動」(現WESTがジュニアの時からある関ジュオリジナル曲)の歌詞が異常に心に響いてしまって観劇後もずーっとなんとも言えない気持ちを引きずってたのがきっとはじまり。最近東京ジュニアばっかりデビューしてくれ!!!って言ってて申し訳ないよ(応援することは別に申し訳ない事ではないけど)関西にもこんなにがんばってる子たちがいるんだよね、ほんとにみんな幸せになってくれ……みたいなモヤモヤぐるぐるほんとめんどくさい。っていうかきっとわたしジュニア担向いてない。

 

その後はずっとえび座のデジタルボーイズに溺れる大友にいろんな人の幸せを願ってしまうよ。(しかもクロハとここら辺は実在しない役なんだよね)

 

クロスハートがおもしろそうって話。

 

 

先日クロスハートのLIVE ver.に行ってきた

 

感想は「ナニコレめちゃめちゃ本編楽しみなんですけど…!!!」あとみんなにてらもろの素晴らしい姿を見てほしい(小声)

 

※寺西担の妹に誘われてかる~い気持ちで見に行ってしまったとあるジャニオタの感想です

 

(核心には触れませんが軽く設定などには触れますので一切のネタバレ見たくない!って方はここでストップ)

 

 

簡単に言うとフランス100年戦争のお話。

とある芸大の歴史研究サークルの学生たちがあることから突然100年戦争真っただ中のフランスのある村にタイムスリップしてしまう。

その村では

ブルゴーニュ派(今は大きな派閥に入っておくほうが身のためだ、生き抜くための選択だ)と

リベルテ(争いのない自由な暮らしを求めるためにいまこそ行動すべきだ)

が思想の違いにより対立関係にあった。

 

 

※歴史については全くの無知(100年戦争??なにそれ??)なのでこの設定が事実なのか調べてみたけどわからなかった。それでも舞台は楽しめたので大丈夫だと思う、きっと。

 

現代の学生たちの様子についてはライブバージョンでは一切触れられなかったので役名以外は不明。

 

 

登場人物

ブルゴーニュ派

中山優馬(セザール)

中河内雅貴(エルネスト)

大湖せしる(ティエリ)女性

寺西拓人(ロドリグ)

福井貴一(ジルベール

 

リベルテ

屋良朝幸(リュック)

唯月ふうかカミーユ)女性

大山真志(ニコラ)

諸星翔希(マクシム)

蘭野はな(アルセーヌ)女性

 

どちらにも属さず

玉野和紀(ミカエル)

 

 

先述した通り、ブルゴーニュ派は今を生き抜くためには大きな集団に属しているべきだ、と信じている。

一方、リベルテは自由で争いのない暮らしを目指すために行動しようという信念をもっている。

お互いの言っていることはどちらもわかる。しかしこの時代では自分たちの意志を主張することで争いが起こってしまう。これが《運命に翻弄され、愛と友情が交錯(クロス)する》(公式HPより引用)につながる。

 

自分で言っててよくわかんなくなってきたけどこれ以上は本当のネタバレになってしまうのでストーリーについてはここまで。

 

曲も名曲揃いの上にキャストさんたちの実力の高さに圧倒され心動かされ続けた70分だった。

めちゃめちゃ泣いた。

 

 

 

てらもろについて書きたい。

少しでも彼らを気になってる人がいたら是非見にいってほしい!!!

何がすごかったかって歌!ダンス!殺陣!

恥ずかしながらちゃんとしたてらもろの歌声は初めて聞いた。けどほんとにミュージカルぽい強くて通る声をしていて感動した。そんなのもできちゃうの!?!?

まわりのキャストさん方がめちゃめちゃに実力のある人たちなので、そこに囲まれている状況で上手くならないわけが無いとは思ってたけどほんとに驚いた。

あとダンス!寺西については何となく猫背ぽい印象があったのだけど、この舞台での彼は常に姿勢が伸びててめちゃめちゃかっこいい。動きの力強さはそのままに洗練された感じでびっくりした。

あとブルゴーニュ派リベルテで衣装のニュアンスが異なるんだけど寺西がブルゴーニュ派でよかった(泣)!!(逆も然り)

ブルゴーニュ派は忍者みたいな(例えが悪い)肩まではちゃんとした分厚い生地なんだけど袖はスッキリしていて寺西の姿勢の良さとスタイルの良さが際立つ!!!

逆にリベルテはMA-1を羽織ってるようなシルエットで、ガタイの良いもろにもめちゃめちゃぴったりだし、力強さとリベルテ派のみんな仲間!みんなで頑張ろう!な雰囲気が表されてるなあと思った。

とにかくとにかく!もろはダンスが上手くてびびびびっくりした。バレエみたいな動きもあるんだけど背筋はもちろん指先足先までキレイだしガツガツしたダンスもしなやかなのに力強さもあって誰よりも目を引くなと思ってしまった。

ここまで読んだ人は気づいたかもしれないけど彼らがでできて何かするたびひたすら驚いてた。あとそれ以上の語彙がない。

忘れられないのが殺陣。対立する時はほんと常にてらもろと言ってもいいくらいてらもろ。てらもろで切り合うの。なにそれ。オタクの脳内見せたっけ?一緒にサッカーして一緒にオーディションうけて一緒に高校生活を送ってきた彼らがタイムスリップして今度は戦うの!?!?

(てらもろについて詳しくはまとめなど見てほしい)

 

あとずっとずっと言ってるけどこの仕事ほんとに羨ましい!!!!みんな自担にやって欲しいと思うんじゃない?ってくらい。これをオーディションで勝ち取ったてらもろはすごいなあと改めて思った舞台だった。

 

そしてカンパニーがひたすら仲良さそう!!レポとか見た人は分かると思うけどてらもろがひたすら後輩力あふれてて全員がいじりいじられの関係なのがひたすらほほえましかった。唯月ふうかちゃんが寺西の真似して「ヒィェ~~~!!」した時のあまりの可愛さには客席全員悶絶だしカンパニーはデレデレしててとてもよかった。(小学生)

 

文才が無さすぎるのとネタバレを怯えすぎて言いたいことの半分も書けなかったけどとにかく

クロスハートおもしろくなりそうだぞ……!!!!

 

 

 

 

 

 余談、13日夜の隣が男の子一人(同い年かちょっと年下くらい)で入ってて双眼鏡まで準備してるしジャニオタ!?ってなったけどまあ唯月ふうかちゃんとかのファンなのかなーって。けど違った!!ゆうまくんファンだった…!!双眼鏡の動き方とカーテンコールで優馬くんのときだけめちゃめちゃ熱心にメモとってたんだもん。きっとそう。優馬くんかっこよいよねわかる~~~

美勇人さんのすきなとこ

 

♪いつもいっしょ〜〜けんめい〜〜なとこ〜〜

いがいと〜〜お〜とこらし〜いとこ〜〜

 

・パセリがすきなとこ

・生き物を怖がるとこ

・たまにじゃなくてポンコツなとこ

 ・爪痕残しに行くとこ

・噛みぐせあるとこ

・くやしいって思いを力に変えようとするとこ

ダンスがどんぴしゃツボなとこ

・謙虚なとこ

・字がキレイなとこ

・Myuto Moritaなとこ

・楽しそうに歌って踊るとこ

・曲によってフレーズによって声色が変わるとこ

・向上心しかないとこ

・自分のかっこよさかわいさわかってるとこ

・数Ⅲやってたとこ

・ポンコツだけど実は頭良いとこ

・口がおっきいとこ

・おっきく開けた口からみえる歯がかわいいとこ

・笑い声がかわいいとこ

・笑顔もかわいいとこ

・弟だいすきなとこ

・れんれんとパンツバトルしてたとこ

・みじゅきとかわいいバトルするとこ

・京本さんにいじられてすねるとこ

・岩本照くんに浮気しないでっ!ていうとこ

田中樹のことじゅったんて呼ぶとこ

・萩ちゃん萩ちゃん!!って言う声がかわいいとこ

・萩ちゃんにジャニーさんと間違われるとこ

・安井さんに気を遣わせないくらい大人なとこ

・ながつに自分の100%教えたいっていうとこ

・あとビタミンCを欲しがるのをやめないとこ

・もろと刺激しあってる関係性なとこ

・顕嵐くんに頼りにされてるとこ

・あらみゅ並ぶと美しすぎてなんか強いとこ

・演奏する姿がさなぴーと静と動の対になるとこ

Love-tuneのメンバーなとこ

・拡輝ときゃはきゃは笑ってるとこ

・しめしめランドの王子なとこ

・のえるくんとアクロ練習会してるとこ

・しーくんに美勇人大好きって言われてるとこ

・うみんちゅの言い間違いを訂正してあげるとこ

・宮近とのツートップがかっこよすぎたこと

・弟組にツッコミいれられてるとこ

・朝日くんオススメの30分近い動画に付き合って一緒に笑いあってるとこ

Travis Japanのメンバーなとこ

 

・森田美勇人として生きていてくれるとこ

 

どんなあなた〜〜も〜〜〜〜好きだよ〜〜〜〜〜(激重) 

 

森田美勇人くん21さいのお誕生日おめでとう。

森田美勇人!君に決めた!!!

 

少クラ7月一週目の放送(7人らぶFirebeat、中山優馬FMSバック)を見た感想は、

「やばい、美勇人くんなめてた……。」

 

 

2015年12月頃から、ガムシャラでリアクション芸人として活躍している(語弊)かわいい面白い美勇人くんを少クラで見てあれ?かっこいい…!と思っていた私。約半年後に優馬くんバックで踊る美勇人くんがかっこよすぎて衝撃だった。

 

 

それからはちゃっかりサマステLove-tune公演のチケットを手に入れてたので楽しみな気持ちもすきも何倍にもふくらんで、ついには美勇人くんブログを書き出したりした(わりと黒歴史)。

 

 

毎日すきすきすきかっこいいかっこいいかっこいいが積もる。

 

それだけじゃない、今までアイドルに対してかわいいかわいいしか言ってなかった私が美勇人くんにはかっこいいかっこいい言ってる……これ、革命だ……!!!(大袈裟)

 

 

 

何が言いたいかってさ、

 

 

私!!!担降りします!!!

 

 

ってこと。

 

 

これからも変わらずNEWSもジャニーズWESTも好きだし応援するし見に行きたい。

けどそれは担当じゃなくてもできる!

 

 

と言うことで、

くそDDには変わりないですがこれからは森田美勇人担と名乗りたいと思います!!!!

 

やばい、、、明日は美勇人担として初めての少クラ見るんだ緊張する……。明後日は美勇人担として初の現場だやばい、、(;_;)(;_;)(情緒不安定)

 

 

 f:id:bananaue:20161011170349j:image